ダイヤのA act2 ネタバレ177話の感想や考察『指2本分のプライド』

ダイヤのA act2

「ダイヤのA act2・第177話」をネタバレしてご紹介!

週刊少年マガジンで連載中の人気漫画「ダイヤのA act2」の第177話について、

読んだ感想と次回178話への予想・考察を含めたネタバレ内容を漫画好きな視点でまとめました!

 

前回のあらすじ要点を簡単にチェック!

西東京都大会・第5回戦、薬師高校対市大三高の一戦は

3回表に入り、薬師高校の攻撃に移ります。

市大三高のエース・天久光聖はツーアウトを軽々と奪うと

薬師の強打者・轟雷市と二度目の対戦を迎えます。

 

そして遂に天久が温めてきた新球がお披露目。

雷市のバットは空を切り

見たことのない球筋に球場中の誰もが驚きを隠せませんでした。

 

>>ダイヤのA act2の記事一覧はこちら>>

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2・177話をネタバレ!

新球の正体

3回表、ツーアウトで迎えた轟雷市との2度目の対戦は、天久に軍配が上がりました。

ストレートだと思い打ちにいったものの、空振り三振になってしまった雷市は

初めて見る軌道や回転のボールに大興奮。

天久も「これで最後まで油断せずに済む‥」と雷市の反応に満足している様子でした。

 

天久の代名詞である曲がりの大きなスライダーではなく

一見するとストレートに見えるようなボールを求め

スライダーをカット気味に投げることで

カットボールのように手元で鋭く、スライダーのように曲がる球種を生み出しました。

 

曲がりきらないスライダーのため

天久本人はこのボールを「スライ」と呼んでいるようです。

 

薬師、動く

高い攻撃力を誇る薬師高校の中でも特に打撃力に秀でた雷市が三振となり

本人は見たことのない球種に興奮冷めやらぬ状態で説明をしていましたが

轟監督は、スライダーだけでも厄介だったにもかかわらず

更に雷市でもかすることすら出来ない新球・スライに動揺を隠せません。

 

もともと天久から大量得点出来ると考えてはいないようでしたが

想定以上に難しく、点差を広げられるわけにもいかないと判断したのか

ここへきて薬師高校のエース・真田に登板を告げます。

 

これまで市大三高相手に投げ抜いてきた1年生の友部は

真田と代わってレフトの守備につきました。

 

エース・真田俊平

3回という早い段階での真田の登板に

「薬師自ら もう後がないと カムアウトしてくれているようなもの」

市大三高の田原監督は満足の様子。

 

先頭打者に戻った市大三高と対する真田は

気迫がこもったピッチングで詰まらせて1球でアウトに仕留めました。

これには薬師ベンチも大いに沸き立ちます。

1球で雰囲気をガラリと変えるピッチングに

友部も思わず「凄い‥」と漏らすほど。

 

田原監督は選手に向かって指を2本だけ前に差し出したサインを送ります。

これは、シュートやカットボールなど、打者の胸元に差し込む球種が多い真田に対し

バットを短く持ち、コンパクトに振り抜くことが出来るようにするためでした。

 

薬師に負けず劣らず攻撃的な市大三高の打者陣に対してのこの指示に

指2本分だけプライドを預けて欲しいと強い気持ちを抱いていました。

 

スポンサーリンク

ダイヤのA act2・177話を読んでみた感想や今後の予想は?

 

天久の新球に空振り三振となってしまった雷市でしたが

全国の凄腕ピッチャーとの対戦を楽しんでいる彼にとって

未知の軌道と回転で変化する新球・スライは興奮の材料。

 

心が折られる様子のない雷市に対して

集中を切らしがちな天久も、最後まで油断出来なさそうだと満足の様子でした。

 

新球も合わせて調子が良い天久のピッチングを受け

これ以上流れを渡すわけにはいかない、と薬師ベンチも動きます。

1年生の友部に代わり、エース・真田をマウンドへ送りました。

 

真田は1球目から気迫のこもったピッチングでアウトを奪い

薬師ベンチに活気を取り戻します。

1球で仕留める、という点に天久も感心している様子でした。

 

真田の詰まらせるピッチング対策として、バットを短く持つ指示を出す田原監督。

天久から「トシちゃん」と呼ばれていますが

彼が野球部から一度離れた後も、その理由も含めて再度受け入れるなど

大変心が広く、選手たちからも親しまれ、慕われていることがわかります。

そんな監督の「プライドを預けてくれ」には胸が熱くなりました。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ

 

雷市を三振に仕留めた新球は、打者の手元でスライダーのように変化する

曲がりきらないスライダー、通称・スライというボールでした。

 

天久の投球に薬師ベンチも動き、遂にエース・真田を登板させます。

真田も鬼気迫るピッチングでベンチに活気を取り戻します。

 

胸元を抉るボールを投げることが多い真田に対して

市大三高の田原監督は、指2本分バットを短く持つ指示を出していました。

 

今回はここまで!

次回のネタバレもどうぞお楽しみに!

 

>>ダイヤのA act2の記事一覧はこちら>>

コメント

タイトルとURLをコピーしました