約束のネバーランド ネタバレ142話最新の感想&考察「平和の礎」

約束のネバーランド

「約束のネバーランド・第142話」をネタバレしてご紹介!

週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「約束のネバーランド」の第142話について、

読んだ感想と次回143話への予想・考察を含めたネタバレ内容を漫画好きな視点でまとめました!

 

ついに食用児たちの未来をかけて約束を結び直すためにエマは鬼の頂点に立つ者がいる場所へとたどり着きました。

そしてその頂点に立つ者と交わした1000年前に結ばれた約束の経緯と真実が今明かされます。

 

前回のあらすじ要点を簡単にチェック!

鬼と呼ばれる異形の生物の食料として育てられている食用児。

 

最上級食材となるの脳を作るための英才教育を受けたGFハウスのエマ達は脱走に成功してサバイバル生活をしながら過去に人間と鬼の間に結ばれた約束を再び道を探していたのでした。

 

エマは脱走の犠牲になったはずのノーマンと再開したが、そのノーマンは食用児のリーダーとなって鬼を滅ぼそうとしていました。

 

鬼にも死んでほしくないと思うようになったエマはたった一人で新たな約束を結び直すためにその地へたどり着きました。

 

1000年前の約束、それは勝ち目がなく終わりの見えない戦いに疲れたユリウスが結んだ鬼との和平条約でした。

 

約束のネバーランドの記事一覧はこちら

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド・142話をネタバレ!

1000年前の真実

現れたレウウィス大公によって壊滅したラートリー軍。

 

それを心配した仲間たちが救援のために、死体を食われないよう向かうとしたその時でした。

 

ユリウスがたった一人で帰還してきたのです。

 

ユリウスは一部の人間を差し出すという条件の和平交渉の話を再びし始めます。

 

関わりを永久に断てる方法があるということまで提示しての仲間の説得。

 

たった一人のレウウィスに一晩で軍を壊滅されてしまったユリウスは憔悴しきっていたのです。

 

あまりにも多くのものを失って絶望をしてしまったユリウスが掴んだ唯一の希望、
一部の人間を食料として差し出すというあまりに非人道的な提案でした。

 

人類の存続のためにはもう手段を選ぶ事もできないためにこの提案を飲んで欲しいと説得をしに帰ってきたのでした。

 

仲間の決断

ですがその提案には犠牲となって子子孫孫未来永劫犠牲になる者たちが出ることに反対をするのです。

 

この時点で食料品として生まれては殺される人間がで続けるという未来は認められないと拒絶されてしまいました。

 

逆にユリウスを説得して徹底抗戦を唱える者たちにユリウスの顔は曇ったままでした。

 

すでに敵の王との取り決めはかわされていたのです、その条件を仲間たちに飲ませるためにユリウスは説得を続けていましたが。

 

和平の妨げとなる戦いの継続と決着を望んでいた仲間たちが食料として鬼たちに提供される者たちとなってしまいました。

 

そして世界を二つに分ける対価としてユリウスの一族は二つの世界の門番を命じられたのです。

 

そしてラートリー家も子子孫孫未来永劫逃れられない宿命を背負うことになったのです。

 

エマの願い

人類の一部を切り捨てることで世界を救ったユリウスの望みでしたが。

 

ですが、その重圧と犠牲になり続ける子供を哀れに思ったジェイムズ・ラートリー。

 

食用児の支援者ウィリアム・ミネルヴァの名で未来を選ぶ選択肢を与えられたエマはそれを使います。

 

子供のように無邪気に心と世界の書き換えするできる超常の力を持った相手

願いのルールは3つ。

 

約束の上書きはできない。

 

約束を破ることはできない。

 

〝ごほうび〟は絶対に断ってはいけない。

 

そのルールを守ったうえでのエマの願いは二つ。

 

『食用児全員で人間の世界に行きたい』
『それを最後に二世界の行き来を完全に不可能にする』

 

というものでした。

 

頂点に立つ者はそれを了承しました。

 

それに支払う対価とは。

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド・142話を読んでみた感想や今後の予想は?

https://twitter.com/noitaminaaparel/status/1148173897709182976

1000年前の人間と鬼との戦い。

 

生物としての能力が違いすぎる相手を滅ぼさないと勝ったことにならない人類には勝ち目が元からなかったのかも知れません。

 

一方で鬼は知性を保つためには人間を食べる必要があるので家畜化は避けるられないことなのでしょう。

 

戦いに負けて全人類は鬼の庇護下で家畜として生きるよりはまだ良いのかも知れません。

 

その罪を一族代々子子孫孫と役目にし続けていたラートリー家はついのジェイムズ・ラートリーの代で全てにケリをつけようとしていたのですね。

 

ユリウスの仲間たちがやはりエマの先祖達だったと。

 

ヒゲヅラで巨漢のドワーフみたいな人だけ誰の先祖か不明ですね。

 

実験農園のアダムたちが一番近いかも知れません。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ

頂点に立つ者が欲する〝ごほうび〟感情なども対価となるようですが。

 

願った本人は幸せになる事ができない呪いとなるのでしょう。

 

それを支払うのエマなのでしょうね。

 

それと食用児全員を人間の世界に送って、鬼の知性を保つためには邪血の少女の一族の血肉を得た王族から死なない程度に血を搾り取って分ければみな知性を保てるはずですね。

 

今回はここまで!

次回のネタバレもお楽しみに!

 

https://comic-punk.com/yakuneba-141/

約束のネバーランドの記事一覧はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました