約束のネバーランドネタバレ134話最新の感想&考察「壁の試練」

約束のネバーランド

「約束のネバーランド・第134話」をネタバレしてご紹介!

週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「約束のネバーランド」の第134話について、

読んだ感想と次回135話への予想・考察を含めたネタバレ内容を漫画好きな視点でまとめました!

 

[box05 title=”前回のあらすじ要点を簡単にチェック!”]
鬼と呼ばれる異形の生物の食料として育てらている食用児。

最上級食材となるの脳を作るために英才教育を受けたGFハウスのエマ達は脱走に成功。

サバイバル生活をしながら過去に人間と鬼の間に結ばれた約束を再び道を探していたのでした。

 

エマは脱走の犠牲になったはずのノーマンと再開しました。

そのノーマンは食用児のリーダーとなって鬼を滅ぼそうとしていました。

鬼にも死んでほしくないと思うようになったエマは新たな約束を結び直すために旅立ちました…。

『七つの壁』に至る道は懐かしのグレイスフィールドを模した謎の屋敷でした。

 

約束のネバーランドネタバレ133話最新の感想&考察「不可思議なGF!」
「約束のネバーランド・第133話」をネタバレしてご紹介! 週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「約束のネバーランド」の第133話について、 読んだ感想と次回133話への予想・考察を含めたネタバレ内容を漫画好きな視点でまとめました!...

[/box05]

世界最大規模のマンガ作品のラインナップを誇る

『イーブックジャパン』なら

初回無料登録で欲しい本を50%OFFでゲット♪

購入した電子本はオリジナル背表紙本棚にコレクション♪

無料で読めるマンガは9000冊と超充実!

👇漫画好きなあなたは絶対にハマります👇

イーブックジャパン 公式HPはこちら

 

スポンサーリンク

約束のネバーランド・134話をネタバレ!

彷徨う者

新たな約束を結ぶために向かう『七つの壁』

そこに向かうためにどこまでも続く荒野を独り歩くレイ。

そこには地面に沈み込んだようなワードローブ。

多数の風車とカモメの風見鶏。

 

レイの手から滑り落ちたものなのか、アサルトライフルも。

 

長い年月をかけて彷徨うレイはいつしかエマとはぐれていました。

長い時間が立ちレイの顔には深いシワが刻まれるほどの長い時間をさまよっていました。

そして自分が誰なのかもわからなくなっていました。

 

場面は変わり

時間は前回ラストのグレイスフィールドハウスを抜けたところまで戻ります。
そこはオジサンことユウゴが暮らしていたシェルターに似た場所。

 

エマ先を目指すためのはミネルヴァのペンに残された伝承。

 

クヴィティダラの竜の目で昼と夜を探すべし

まずは北へ10里

つぎに東へ10里

つぎに南に10里

つぎに西へ10里

天へ10里地へ10里

砂の間で矢が止まり

日が東へ沈むとき

地が哭き壁(それ)は現れる

 

というもの。

 

『壁は現れる』

という表現のためにその条件を満たそうと進みます、

その言葉の謎を解くためにも。

 

扉を開けた先には

持ってきた磁石のの指し示す北にある扉の向こうは上下逆さまのモニター室。

距離の単位、1里は約533.5メートル、1部屋の距離では10里、5335メートルもあります。

 

部屋の奥に行っても何も変化は起きず。

 

だけど部屋を出るとそこは廊下ではなく90度倒れた横向きの食堂でした。

 

扉を開けた先にはバスタブもあるシャワー室。

二段ベットが多数置かれた寝室。

そして最初の部屋とは角度が異なるモニター室でした。

 

エマはモニター室に矢印を見つけてその先へ向かいます。

 

ですがレイの過去形のモノローグであの謎とその迷路に勝てる思っていたと…

イーブックジャパンに無料登録して最新巻を50%OFF&Tポイント10倍ゲット!!

スポンサーリンク

約束のネバーランド・134話を読んでみた感想や今後の予想は?

https://twitter.com/yakuneba_staff/status/1120250890714341377

 

冒頭の背がある程度伸びて、顔がシワだらけになってしまった衝撃的なレイから始まった今回。

 

今回ラストのモノローグからすると。

 

七つの壁が現れるというの言葉にしたがってシェルターに似た場所をさまよっているうちに、それだけの年月がたってしまったというのは異常すぎます。

 

それだけ長い期間を想定した食料を持ち込んでるようにも見えず、

食料として現地調達できそうな動植物もいるようには見えないためそんな年月をさまよっていたとは思えません。

 

何らかの幻術のようなもので騙されてるのでしょう、…おそらく。

この空間自体がかなり不可思議な場所ですから時間の感覚を狂わせることかできても何ら不思議でありません。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ

https://twitter.com/jm_gakuen/status/1126864680281149440

 

今回は読んでいた短く感じてページ数を数えてみたら前回の19ページから11ページにまで減っていました。

そして原作者、白井カイウ先生の体調不良と療養のために次週は休載とのお知らせが。

 

アニメ化して休みづらい状況なのかも知れませんが、素晴らしい作品のためにもご自愛ください。

かなり気になる展開とラストでしたので続きが気になります。

 

今回はここまで!

次回のネタバレもお楽しみに!

 

約束のネバーランドネタバレ133話最新の感想&考察「不可思議なGF!」
「約束のネバーランド・第133話」をネタバレしてご紹介! 週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「約束のネバーランド」の第133話について、 読んだ感想と次回133話への予想・考察を含めたネタバレ内容を漫画好きな視点でまとめました!...

 

[box03 title=”ーおすすめ書籍のご紹介ー”]

漫画好きなあなたなら絶対にハマる!

世界最大規模のマンガ作品のラインナップを誇る

イーブックジャパン』!

かんたん無料登録で読みたい本を50%OFFでゲット♪

 

イーブックジャパン 公式HPはこちら

[/box03]

コメント

タイトルとURLをコピーしました