約束のネバーランドネタバレ139話最新の感想&考察「鬼の感傷」

約束のネバーランド

「約束のネバーランド・第139話」をネタバレしてご紹介!

週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「約束のネバーランド」の第139話について、

読んだ感想と次回140話への予想・考察を含めたネタバレ内容を漫画好きな視点でまとめました!

 

ノーマンの作戦の障害となりかねない邪血の少女の一族の末裔、ムジカを探しに出たドンとギルダ。

早くも見つけた痕跡と刺客と警戒していた少女アイシェに真実を知られことで事態は良くない方向へと行ってしまうのでしょうか。

 

[box05 title=”前回のあらすじ要点を簡単にチェック!”]
鬼と呼ばれる異形の生物の食料として育てられている食用児と呼ばれている子供たち。

最上級食材となるの脳を作るための英才教育を受けたGFハウスのエマ達は脱走に成功してサバイバル生活をしながら過去に人間と鬼の間に結ばれた約束を再び道を探していたのでした。

エマは脱走の犠牲になったはずのノーマンと再開したが、そのノーマンは食用児のリーダーとなって鬼を滅ぼそうとしていたのです。

鬼にも死んでほしくないと思うようになったエマは新たな約束を結び直すために目指す『七つの壁』の本当の姿へとたどり着くことができました。

 

ノーマンは王都に向けて進軍をはじめました。

邪血の少女の一族、ムジカを探しに行ったドンとギルダは早くも痕跡を見つけ出す、だが逃そうとしていたことを護衛のアイシェに知られてしまったのです。

 

前回138話のネタバレはこちら

 

約束のネバーランドの記事一覧はこちら

[/box05]

[box03 title=”「U-NEXT」で好きなマンガをタダで読もう”]

31日間のかんたん無料登録であなたの好きなマンガが今すぐ無料で読めます!
しかもマンガだけじゃない、雑誌などの書籍も読み放題に!
さらに!アニメや映画などの動画までもが見放題になる!
まさに神サービスの「U-NEXT」を今すぐチェックしましょう!

U-NEXTの公式HPはこちら

[/box03]

スポンサーリンク

約束のネバーランド・139話をネタバレ!

アイシェの過去

アイシェを飼っていたという鬼は上流階級ではないただの農園の職員でした。

ただその顔は右半分の形が崩れていたせいでイジメを受けて本人も忌み嫌うものでした。

そんな彼は農園で不揃いだからと廃棄されていく右目の周りの皮ふに異常のある赤ん坊を魔が差して盗んでしまったのです。

その赤ん坊を食べることはせずにシンパシーを感じていたので農園を辞めて森の奥でその子を育てていたのです。

 

人間の生活を勉強して四苦八苦しながら日々はすぎていきます。

人間の子供を育てながらの生活は、呪いだと感じていた顔の事も忘れて満ち足りた幸せな生活を送っていたのです。

…ですがそんな生活は唐突に終りを迎えました。

 

突然の襲撃

ノーマンの率いる反乱軍が鬼に飼われていた可哀想な女の子を助け出した。

…のではなく親代わり鬼を殺したとアイシェは憎んでいたから会話をしなかっただけだといいます。

 

アイシェにとっては高級農園の飼育官よりも親密に家族として育ててくれた相手を殺した憎き仇てしかなかったのです。

それでもアイシェは生きるために言葉が通じないふりをして生き抜くために徹していたのでした。

 

アイシェのとっては人間は鬼を忌み嫌うものしか知りなかったためドンとギルダの考え方が奇異に映り興味を持ったから話しかけたようです。

ドンとギルダもソンジュとムジカという鬼に助けられた経験で鬼にも悪い鬼だけではないと知り共存を考えていることを伝えました。

 

この部隊の本命は

ドンとギルダはアイシェが邪血の少女の一族、ムジカ抹殺の命令がされてなかったことに安堵します。

アイシェの使命はドンとギルダの監視だけでした。

 

ノーマンが本当にムジカを保護しようとしていたと思って、
ですがまだ油断は出来ないけどまだ交渉の余地があると胸をなでおろします。

…ですが。

 

ハヤトとジンたちはアダムと同じ実験農園で作られた大柄で異常に筋肉の発達した者たちを何人も連れてきていたのです。

…その目的は、この部隊の本命はボスの命令に従って邪血の抹殺でした。

やはりノーマンはかつての仲間を騙してまでも計画遂行を優先していたのです。

そしてハヤトは優しそうな顔をしていてもノーマンの部下としてしっかりと立ち振る舞っていました。

 

U-NEXTで気になるマンガの最新巻を今すぐ【無料】で読む

スポンサーリンク

約束のネバーランド・139話を読んでみた感想や今後の予想は?

前回のハヤトに襲いかかった野良鬼をドンが石を投げて追い払った時のアイシェの表情。

それは自分と同じく鬼を殺さないようにしていたことに対する驚きだったようです。

アイシェの父親のことで鬼は人間を食料にしているもののメンタリティ自体は人間とそう変わらない、共存の可能性があることを示唆していたのに…

前回で人畜無害だと思われていたハヤトの方が本命だったのですね。

 

これでノーマンたちとは鬼以上にわかり会えない存在となってしまったようにも思えます。

 

アイシェはドンとギルダには心強い味方となってくれそうですが、それでもあのアダムと似たタイプのものたちとでは戦力差がかなりあるようですね。

アイシェの片目を隠したヘアスタイルは顔を隠すためものなのですね。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ

https://twitter.com/yakuneba_staff/status/1138008148130848769

ノーマンは過酷な環境に一人だけ送られてそこで築いた信頼関係を優先しているのですね。

市井で鬼を間近に見てきたエマたちとの視点が違うから相容れないのは仕方ないのですが。

 

簡単にかつての仲間を裏切って利用するというその考え方、すでの皆が知っていたノーマンではなくなっているのですね。

それだけ見てきたものが違っていたということです。

 

今回はここまで!

次回のネタバレもお楽しみに!

 

[box01 title=”無料で好きなマンガが読める電子書籍”]

今話題の大手動画配信サイトの<U-NEXT>

31日間の無料体験登録で600円分のポイントがもらえます!

このポイントでお気に入り漫画を無料で読めちゃいますよ!

さらにはアニメなどの動画約9万作品に加えて雑誌80冊以上が見放題に♪

31日間以内に体験登録を解除をすればかかる費用は0円です!

登録・解約はとても簡単!公式サイトを今すぐチェック!

U-NEXT 公式HPはこちら

[/box01]

 

前回138話のネタバレはこちら

約束のネバーランドの記事一覧はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました