鬼滅の刃 ネタバレ157話最新の感想&考察!「次の戦い」

鬼滅の刃

「鬼滅の刃・第157話」をネタバレしてご紹介!

週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「鬼滅の刃」の第157話について、

読んだ感想と次回158話への予想・考察を含めたネタバレ内容を漫画好きな視点でまとめました!

 

[box05 title=”前回のあらすじ要点を簡単にチェック!”]
妹を鬼に変えられた少年、竈門炭治郎は妹をもとに戻すために鬼殺隊に入り鬼と戦っていました。

その妹の禰豆子が鬼の大敵である陽の光を克服したと知った鬼の元締めである鬼舞辻無惨を一度は誘い出すことにすことに成功したが、不可思議な屋敷へと飛ばされてしまいます。

上弦の参・猗窩座は大切な者を守ることを忘れて強さを追い求めていたことを自覚して後悔していました。

頸を斬られても死ねない身体は竈門炭治郎の一撃に敗北を認めてついに崩壊していきました…

鬼滅の刃 ネタバレ156話最新の感想&考察!「狛治の後悔!」
「鬼滅の刃・第156話」をネタバレしてご紹介! 週刊少年ジャンプで連載中の人気漫画「鬼滅の刃」の第話について、 読んだ感想と次回話への予想・考察を含めたネタバレ内容を漫画好きな視点でまとめました! 妹を鬼に...

 

[/box05]

 

世界最大規模のマンガ作品のラインナップを誇る

『イーブックジャパン』なら

初回無料登録で欲しい本を50%OFFでゲット♪

購入した電子本はオリジナル背表紙本棚にコレクション♪

無料で読めるマンガは9000冊と超充実!

👇漫画好きなあなたは絶対にハマります👇

イーブックジャパン 公式HPはこちら

スポンサーリンク

鬼滅の刃・157話をネタバレ!

https://platform.twitter.com/widgets.js

狛治の最期

父に再会の言葉を告げ。

師範の慶蔵、そして愛する恋雪の胸に抱かれて炎に包まれて。

十二鬼月上弦の参の猗窩座としてではなく一人の少年、狛治は逝きました。

 

だが上弦との戦いで身体を酷使するヒノカミ神楽の連続使用と新たな境地の透明な世界を見たことで新たな力を手にした竈門炭治郎は疲労困憊のため気絶してしまいます。

 

共に戦った冨岡義勇も怪我と出血のせいか立ち上がることもできませんでした。

 

その結果は鎹烏によってすぐさま鬼殺隊士に伝えられます。

 

猗窩座の気配が消えたことを察知した上弦の壱、黒死牟はわずかに残念がるが強さを追い求めようとしなかった最期を軟弱千万と非難しました。

 

ただ独りで鬼殺の剣士が攻めてくるのを部屋で待ちながら。

 

そしてもう一人の鬼

十二鬼月上弦の弐、童摩も猗窩座の死とその直前に別の生き物になるかのような気配の変化に気づいていました。

 

…栗花落カナヲとの戦闘中だというのによそ見を意図的にするほどの余裕を見せて。

 

その栗花落カナヲは童摩との戦いで怪我を負って、息も絶え絶えでした。

 

姉と慕う師の胡蝶しのぶは目の前で食らった童摩は若い女の子はだいたい美味しいとまで言い始めました。

 

そして童摩は猗窩座が頑なに女を食わなかったという話まで。

童摩にとっては味だけでなく腹の中で赤ん坊を育てられる女のほうが栄養価も高く、早く強くなれるとまで言ったとまで。

 

さらに会うたびに挑発して険悪な空気になり本気の攻撃をしてきた猗窩座のことを友を失ったと言い泣くことまでしていました。

 

だけどカナヲの目には

炭治郎の鼻、善逸の耳、伊之助の皮ふと同じように優れた目を持つカナヲ。

童摩には血の気が引くことも怒りで紅潮することもない顔色から感情のゆらぎは全く見えないと言いました。

それは師の姉である胡蝶カナエが喜びも悲しみも感じない童摩が不憫とまで言っていたと。

鬼になる前から人を見下して共感のできなかったことも見抜かれてなにもない空っぽだと挑発までして。

 

その言葉に童摩は酷薄な笑みも捨て殺気を放ってきました。

 

カナヲの背後を狙った鉄扇の攻撃を避けてそのすきを突いて童摩に一撃を入れて鉄扇の追撃もかわす。

 

上弦の弐の速度にすらついていくカナヲ、童摩の肺を凍らせる氷の血鬼術にも注意して吸い込まないということにも童摩は驚愕していました。

 

鬼の頸を斬ることができず毒を使っていた蟲柱の胡蝶しのぶよりも実力があるのかも知れないと。

 

イーブックジャパンに無料登録して最新巻を50%OFF&Tポイント10倍ゲット!!

 

スポンサーリンク

鬼滅の刃・157話を読んでみた感想や今後の予想は?

 

鬼のボスである鬼舞辻無惨と。

十二鬼月上弦の壱、最強の称号を持つ黒死牟が待ち受ける状態で竈門炭治郎は戦線離脱。

 

新参者の補充員がいなければ十二鬼月上弦で残っていのは黒死牟と童摩くらい。

その童摩も栗花落カナヲが反応速度で十分追いつけるという状況です。

 

鬼殺隊側の柱は最強とも言われる岩柱、悲鳴嶼行冥。

それ以外にも。

 

恋柱、甘露寺未蜜。

霞柱、時透無一郎。

蛇柱、伊黒小芭内。

風柱、不死川実弥。

 

数の上では優位ですが、

柱は単独では今まで上弦を単独で倒したことがないという戦力比なのて全く安心できません。

呼吸が使える剣士の身体能力は規格外なのですが。

 

柱でも胡蝶しのぶは毒の利かない童摩に対しては為す術なく敗北したのですから。

痣の発現までこなせれば違うのでしょうが。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ

 

せっかく猗窩座に勝てた竈門炭治郎と冨岡義勇の戦線離脱はかなり痛い。

 

栗花落カナヲの花の呼吸は童摩の腹を切り裂くほどの冴え。

胡蝶しのぶとは異なり、童摩の言うとおりに栗花落カナヲは強敵なのかもしれれません

せっかく猗窩座に勝てた竈門炭治郎と冨岡義勇の戦線離脱はかなり痛い。

栗花落カナヲの花の呼吸は童摩の腹を切り裂くほどの冴え。

 

胡蝶しのぶとは異なり、童摩の言うとおりに栗花落カナヲは強敵なのかもしれません。

それとカナヲの挑発はかなり怖いけど童摩のヘラヘラとした笑みを奪ってと効果的。

 

今回はここまで!

次回のネタバレもお楽しみに!

 

[box03 title=”ーおすすめ書籍のご紹介ー”]

漫画好きなあなたなら絶対にハマる!

世界最大規模のマンガ作品のラインナップを誇る

イーブックジャパン』!

かんたん無料登録で読みたい本を50%OFFでゲット♪

 

イーブックジャパン 公式HPはこちら

[/box03]

コメント

タイトルとURLをコピーしました