ダイヤのA act2 ネタバレ第165話の感想や考察『それでこそ』

ダイヤのA act2

「ダイヤのA act2・第165話」をネタバレしてご紹介!

週刊少年マガジンで連載中の人気漫画・ダイヤのA act2の第165話について、

読んでみた感想と次回166話のへ予想・考察を含めたネタバレ内容を漫画好きな視点で記事にしてみました。

 

[box05 title=”前回のあらすじ要点を簡単にチェック!”]

西東京都大会4回戦、八弥王子高校との試合に挑む青道高校。

試合も中盤戦に入り、絶好調の降谷もテンポよく三振の山を築いていきます。

一方で八弥王子高校も高い守備力で追加点のチャンスを与えません。

 

降谷のピッチングに刺激を受けた様子の沢村。

八弥王子高校も2巡目に入り、降谷を攻略することが出来るのでしょうか。

 

ダイヤのA act2 ネタバレ第164話の感想や考察『光射す!』
「ダイヤのA act2・第164話」をネタバレしてご紹介! 週刊少年マガジンで連載中の人気漫画「ダイヤのA act2」の第164話について、 読んだ感想と次回165話への予想・考察を含めたネタバレ内容を漫画好きな視点でまとめまし...

>>ダイヤのA act2の記事一覧はこちら>>

[/box05]

世界最大規模のマンガ作品のラインナップを誇る

『イーブックジャパン』なら

初回無料登録で欲しい本を50%OFFでゲット♪

購入した電子本はオリジナル背表紙本棚にコレクション♪

無料で読めるマンガは9000冊と超充実!

👇漫画好きなあなたは絶対にハマります👇


イーブックジャパン 公式HPはこちら

スポンサーリンク

ダイヤのA act2・165話をネタバレ!

相変わらず絶好調の降谷

序盤の立ち上がりが不安定なことが特徴のピッチャーである降谷の立ち上がりは上々。

「課題はスタミナロール(スタミナとコントロール)」というだけに

5回以降の後半戦、どこまでこの調子が保てるかがポイントでした。

 

しかし、今回の降谷は力みが取れていることもあり、右肩上がりに調子を上げてきています。

なんと自己最速の155kmという球速まで出してしまいます!

 

そんな降谷の様子に「そうでなきゃな」と笑みをこぼす沢村。

エースの座を掛けてポジション争いを繰り広げている2人ですが

すごいと思うところは認められる。素敵なライバル関係です。

降谷の方はといえば、ベンチに戻りながら残りの回数を確認中。

 

果たして最後まで投げ抜くことが出来るのでしょうか。

 

2人の1年生キャッチャー

青道高校は今年、由井薫と奥村光舟という2人の1年生キャッチャーがベンチ入りしています。

一匹狼でキャッチャーというポジションにこだわりがある奥村に対して

由井はコミュニケーションを取ることが上手く

試合に出られるならキャッチャー以外でも構わないと考える柔軟さを持っています。

 

今回、奥村自ら沢村にブルペン練習を申し出ます。

あまり率先して声掛けをするタイプではない奥村の今回の行動に

同じキャッチャーとして由井は思うところがある様子で悔しそうにベンチの柵を握り締めていました。

 

沢村世代では沢村と降谷のエース争いが注目ポイントでしたが

後輩たちはキャッチャーポジションの争いが注目ポイントになりそうです。

 

オリジナルを超えて

5回裏の青道の攻撃。1アウトからフォアボールを選んで出塁した倉持がすかさず盗塁で二塁に進塁します。

バッターボックスには2番打者の小湊春市が立ちます。

 

兄である小湊亮介に憧れ、同じポジションで同じ高校に進学してきた春市。

入部当初は亮介本人から「コピーじゃオリジナルは絶対に超えられない」と厳しい言葉も投げかけられました。

片岡監督は亮介の試合状況に応じて打ち分けの出来る巧打者としての技能を認めた上で

春市に対しては点が取れる先頭打者になることを求めます。

 

春市は亮介のコピーではなく、青道の攻撃力の主軸というオリジナリティを手に入れ

高い守備力の八弥王子の内野の頭を超えるヒットで、追加点を手繰り寄せる大きな一打を放ちました。

イーブックジャパンに無料登録して最新巻を50%OFF&Tポイント10倍ゲット!!

スポンサーリンク

ダイヤのA act2・166話を読んでみた感想は?

絶好調の降谷に引っ張られ、攻撃も流れは青道の方にある様子でした。

ピッチャーポジション争いの兆候にわくわくしましたが、今回はなんといっても小湊春市の覚醒に大興奮!

偉大な兄の背中を追ってきた春市が独自の武器を手に入れた瞬間は思わず声を出して喜んでしまいました。

 

これから、元々驚異的なヒッティング力を持っていた春市が

どのように青道の攻撃に貢献していくのかが楽しみになりました。

 

点の取れる1,2番がそれぞれ盗塁やバッティングで攻撃を続ける青道高校。

ここから打順はクリーンナップに移っていきます。

まだ1アウトですし、この攻撃でどこまで追加点が取れるのかが注目ポイントになってきそうです。

そして試合も後半戦に入り、降谷が最後まで投げ抜くのか、八弥王子高校の反撃なども描かれてきそうです。

 

スポンサーリンク

今回のまとめ

引き続き絶好調の降谷のピッチングで八弥王子高校に点を与えない青道高校。

そんな中で1年生キャッチャーの間でもライバル関係の始まりの予兆が見えてきました。

攻撃では、チャンスを広げるだけでなく点を取ることが出来る先頭打者として春市が覚醒!

追加点獲得のチャンスを大きく手繰り寄せる一打を放ちました。

 

今回はここまで!

次回のネタバレもどうぞお楽しみに!

 

ダイヤのA act2 ネタバレ第164話の感想や考察『光射す!』
「ダイヤのA act2・第164話」をネタバレしてご紹介! 週刊少年マガジンで連載中の人気漫画「ダイヤのA act2」の第164話について、 読んだ感想と次回165話への予想・考察を含めたネタバレ内容を漫画好きな視点でまとめまし...

>>ダイヤのA act2の記事一覧はこちら>>

 

[box03 title=”ーおすすめ書籍のご紹介ー”]

漫画好きなあなたなら絶対にハマる!

世界最大規模のマンガ作品のラインナップを誇る

イーブックジャパン』!

かんたん無料登録で読みたい本を50%OFFでゲット♪

 

イーブックジャパン 公式HPはこちら

[/box03]

コメント

タイトルとURLをコピーしました